不可逆な変化

 このブログで書きたいのは、「SMはすべきではない」という主張ではありません。「SMは危険だ」という警鐘です。

 主従の関係がカップルの数だけあるというのは概ね正しいと感じますし、主従だけがSMとも言えないとも思います。だから、ぼくが経験したような事態とは無縁なSさん、Mさんも当然いらっしゃるでしょう。

 マゾヒストの側が恋人としての扱いを望まない場合、主従の関係は安定します。これは、最も根源的な矛盾である「恋愛とSMの相克」が生じないからです。そして、それでいいと言っているMさんが多いことも知っています。

 しかし、直接にお話を伺ってみたり、ブログ等の内容から本音を推し量ってみると、本人が心から納得している訳ではなく、「ご主人様や女王様の側にいたい。だから、奴隷であることを我慢する」という人も少なからずいるように見えるのです。
 また、大好きなあの人がSM的な関係を望むのだから、私が応えてあげたい。そうすることが、自分に出来る最上の愛し方だという想いも目にします。しかし、この考えはとても危険で、ふたりの関係が気づかないうちに変容してゆくきっかけになりかねません。

 端的に言えば、恋人から主従(というか、一方が他方を見下す関係)へは移行するが、その逆は極めて難しい。つまり、物理や化学でいう「不可逆な変化」です。門に入ることは出来るが、同じ門から出ることは出来ないということです。

 その性質があるから、SMをプレイと割り切っていたとしても、Sモードへのスイッチは容易に入り続けるものの、次第に切れにくくなってゆく訳です。そして、ひとりその主や奴隷との関係に限らず、自分の価値観・対人感覚そのものを変えてしまうことでもあります。

 そして、双方における精神的な変化が、結果としてふたりを遠ざけてしまうかもしれないのです。その危険の存在は、よくよく意識しておくべきでしょう。自分の大切なSMを、悪者にしてしまわないためにも。
「不可逆な変化 」 is writed by マスターOB@SM主従関係の相克.
category
恋愛とSM
genre
アダルト
theme
SM