SM中華思想

 SMは素晴らしい。私も確かにそう感じる。SMでしか味わえない興奮や爽快感はあるし、そういう世界でしか自分を解放できない人は存在するだろうと思う。

 しかし、「SMだけが正しい愛の形だ」とか、「SMは普通の恋愛より素晴らしい」となると、中華思想の匂いを感じてしまい、素直に頷けなくなる。

 もちろん、SMしてる人たちのすべてがこう思っている訳ではないだろうが、コミュニティの書き込みやパートナー募集などで、しばしばこのトーンの発言を見る気がする。

 中華思想という言葉の意味を知りたいとググってみたら、「中国人の語る中華思想とは」(サイトトップ:digi-log)を見つけた。違う部分も無論あるけれど、似ている箇所も多くある。

 たとえば「本物はひとつだけ。それがこれだ」「皆、本心ではなりたいんだ。だけど、優れていなければなれない」という辺りは、ある種の人たちが喧伝するSMの素晴らしさに通じるものがあるように感じる。

 サディストは、良かれ悪しかれ自己主張が強い。俺様的な言動を好んでする人も少なくない。

 しかし、その度が過ぎると、「自分たちだけが素晴らしく、自分たちの素晴らしさを理解できない者はすべて馬鹿」という独善と押し付けに走ってしまうことになる。

 主たる器の者は、生き方の多様性を決してないがしろにはしない。私はそう思っている。

「SM中華思想 」 is writed by マスターOB@SM主従関係の相克.
category
立ち位置
genre
アダルト
theme
「生き様」としてのSM