サディストのパラドックス

 あなたがサディストで、愛する人がいるとしよう。その場合、最良の選択は、愛する人を奴隷(あるいは従者)にしないことだ。

 対等な人間同士として結ばれ、自分の嗜虐願望を抑圧して生きてゆくことだ。それが、人としての喜びを最大化する賢明な生き方だ。

 しかし、おのれの嗜虐願望があまりに大きくて、支配する対象を持たなければ生きていけないなら、愛する伴侶以外に奴隷を持つのが現実的な解決だ。
 もちろん、それは愛する人に対する裏切りに他ならない。だから、決して知られてはならない。ただ、最愛の人に奴隷の役を求めて拒否され、関係を壊してしまうことに比べれば、よほど罪は軽い。

 そして、もっと怖いのは、心から愛する人があなたの支配を受け入れてしまうことだ。多くのマゾヒストは、サディスト以上に不器用だ。伴侶の精神は、SM毒に冒されてゆく。

 あなたが立派なご主人様になってゆくに連れ、あなたが愛した人はいなくなってゆく。
「サディストのパラドックス 」 is writed by マスターOB@SM主従関係の相克.
category
支配と服従
genre
アダルト
theme
支配と服従